バルセロナ El prat空港 滑走路近くからの眺めと雨ざらしのイベリア航空MD-82!?

先日、空港に行く予定があったので3時間ほど早めに家を出て今年春に開通した地下鉄L9の空港線を使ってバルセロナ空港の滑走路に接近してみることに。

バルセロナ空港には3本の滑走路があります。
07L/25R の3552X45
07R/25Lの2660X60
02/20の2540X45
の3本があります。

目指したのは空港の北東に位置する滑走路25R。
南風の時の着陸に利用されてる滑走路です。バルセロナの町の前に広がる地中海上を海岸線沿いにフランス方面から南下してきてこの滑走路にアプローチとなります。

私が航空機を利用してバルセロナ着の時は8割くらいがこのルートです。右側の座席を取っておくとバルセロナの町の端から端まで、眺めてからの着陸となります。サグラダファミリア、モンジュイックの丘、カテドラルなんかもバッチリ見えます。日にもよりますがバルセロナの街の海岸線から2〜3kmの距離のところを飛行しているようです。
バルセロナに飛行機でいらっしゃる時は是非右側の座席を。高確率で街が一望できます。

dsc_1813

滑走路最寄りの駅Metro L9線 Parc Nou駅へ


滑走路最寄りの駅まではバルセロナの中心から30分ほどで到着です。
地下鉄のL9線に乗ってParc Nou駅で下車です。
その後、Parque el Pratという公園を南東方向へ突っ切ります。
そうすると、イベリア航空のロゴがペイントされた下の写真のような建物が現れます。

imgp7839

建物に突き当たったら道沿いにひたすら左へ空港のフェンス沿いを歩いていきます。 犬の散歩をしている人と、ジョギングする人以外は誰も通らないような開けた道です。 フェンス越し、草むらの向こうには空港ターミナルと滑走路が見えます。

imgp7840

しばらくすると、誘導路のはずれに古いMD-82!?と思われる機体が寂しげに置かれています。

imgp7842

メイン滑走路からも誘導路からもかなりはずれた位置にあり、忘れられてしまったような色あせた機体です。 Spanairが全盛の時はよく見ることができましたが最近はほとんど見なくなりました。



自分も昔は、マドリードーバルセロナ間の移動によく乗りました。
見た目もスリムでややレトロ感があり好きです。

imgp7844

多分MD-82だと思います。あまり詳しくないので確実ではないですが。
そのままこのMDを右手に見ながらフェンス沿いを歩くと水路がある道路に出ます。
ここまできたらこの道を右に曲がり水路沿いを下流へ歩いていきます。もう滑走路に近いのでエンジンの轟音が聞こえてきます。そのまま1kmほど歩くと道路脇に小さな公園があり、その公園内に作られた小さな山から空港と離着陸する飛行機が見られます。公園内には着陸用の誘導灯が設置されており、数メートル上を飛行機が滑走路に向かってグライドしていきます。
高度を下げながら接近してくる飛行機、自分の真上を通る機体、数秒後に来る旋風。すごい迫力です。成田空港近くの桜山公園以上の接近距離です。

imgp7846 imgp7847 imgp7848

一番驚いたのは航空機が通過後に来る旋風とその風が空気を切る音です。

渦を巻く風が近づいてくる音が聞こえ、しびれます!周りの木々の動きで、翼が生み出す空気の渦を目で見ることができます。

ウイングレット付きの航空機の方が鋭い音がなるような気がしました。

imgp7856

公園内にはこの公園から見ることができる航空機のリスト写真が。ハンガリーのマレブ航空とかあったので2012年以前のものですね。
残念なのは大型航空機があまり来ないことです。バルセロナ空港は基本、欧州ない路線なのでB737,A319,A320のような中型の機体ばかりです。

シンガポール航空とエミレーツのA380が就航してるのでその離着陸時間帯は航空ファンが公園に集まるようです。
そのまま道を南下すると25Lの東端を通ってビーチにつきます。
このビーチ飛行機が見えるヌーディストビーチとして知られています。
ってことは運が良ければ飛行機からも裸の美女が見られるかもってことです。
でも、水着着てる方がトップレスやヌーディストの何倍もセクシーなんですけどね。
一度、トップレスビーチやヌーディストビーチに行くとわかります。

imgp7849

そんなわけで、しょぼい写真ですがバルセロナ空港、滑走路脇から見える飛行機たちでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする