スペインで人気のドライフルーツ ダティル(ナツメヤシの実)

クリスマスが近づいてくると、なぜかドライフルーツが食べたくなります。

イチジクとか、クルミとかアーモンド。美味しいですね。
これを暖かい部屋で食べると、コタツでみかん的な和やかな気分になるんですよね。

そして、最近の一番のお気に入りはダティル(Dátil)と呼ばれるナツメヤシの実です。中東や北アフリカではよく食べられているようです。
私が買っているのもチュニジアからの輸入品です。

バルセロナやバルセロナ近郊の街を歩くといたるところに街路樹として、このナツメヤシが植えられています。背の低い植木鉢に植えられたものから20メートルに達するような高い木まであります。
風にそよぐといかにも南国、ビーチリゾートって感じです。旅行気分を盛り上げてくれます。

palma1

教会内の中庭などにも植えられていて、中世の赤茶けた建物と何とも言えないエキゾチックな雰囲気がたまりません。

palma2

このナツメヤシ、ぶどうの房に少し似たような形で気のてっぺん、葉の生えてくる中心部分から黄色い3〜5cmほどの楕円形の実をどっさりつけます。




熟すまでに半年もかかるそうです。熟すと黄色くなり葉の緑に映え、とても綺麗です。黄色い宝石の首飾り?って感じに見えなくもないような。

dsc_2295

この実の味はというと。すっごく甘いです。固まった砂糖を食べているような感じです。沖縄の粒黒砂糖のような感じかな。でも、コクがあります。5粒で十分すぎる甘さですが、また食べたくなってしまう魅力的な味です。

dsc_2292

半分に割ると中はこんな感じです、

dsc_2293

日本にも売っていると思いますが、スペインで買うと500g 1.5ユーロほどでとても安いので試してみてくださいね。登山やハイキングのお供に最適です。私はいつもスキーや釣りに行く時ポケットに何粒か入れています。カロリーがすごく高いので激しい運動やエネルギー補給が必要な時は最高です。

dsc_2289

このナツメヤシ困ることが一つ。
冬になると古い葉が枯れて落ちるのですが、葉には鋭いノコギリのようなトゲトゲがあり、さらにサイズも1m〜2mほどと大きくそれなりに重いです。そんな凶器が20メートルの高さから時々降ってきます。冬の時期、風が強いときには頭上のナツメヤシにに注意してくださいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする