SAKURAというフランスの釣り具メーカー。

スペイン、バルセロナへ来てすぐに、趣味の釣りを始めようと釣具屋へ向かいました。

リールやルアー類はポーランドから持って来たのですが、釣竿の輸送に想像以上にコストがかかりそうだったので、この際ロッドを新調するかということでバルセロナにある釣具屋へ行って来ました。

釣りメーカーサクラとの出会い

釣り具屋へ行くとロッドホルダーにはそこそこの数のロッドが並んでいました。SHIMANOやDAIWA、数本ですがダイコーやオリムピック、メジャークラフトのロッドなんかもあります。でも日本からの輸入品、関税やなにやらいろいろかけられて、2倍近くの値段になっているものも。SHIMANOやDAIWAの海外用の安いものもありましたが、この際ちょっと変わったものにしてみようと。スペインのHARTというメーカーのものかサクラというメーカーにするか。

最初サクラは櫻井釣漁具の製品かと思っていたんですが。作りもマークも日本製品ぽくない。携帯で調べて見るとやっぱり違う。
よくある日本ぽいの名前つけときゃ日本クオリティーみたいで売れるからそうしちゃえみたいな製品かもしれない。でも、釣具屋のメガバス大好きな店員さんもスペインのなんか買わずにこれの方がいいって!みたいに勧めてくるし、デザインもまあまあ、ちょっと値引きされてたので、88ユーロで購入しちゃいました。

フランスの釣り具メーカー SAKURA

家に帰って調べて見ると、フランスのツルグメーカーということが判明。
最近強くなって来たSebileとかFiiishもフランスメーカーですね。
SAKURAは2005年に操業開始したかなり釣り具メーカーです。
本社はボルドー近郊にあるみたいです。
ホームページを見ていると、淡水よりもソルトに強いメーカーって感じです。
ダサダサなベイトリールやライン、アパレルなんかもあります。
最近はバスやパイク用のルアーにも力を入れているようです。



サクラロッド

Ryokanシリーズ

旅館?漁感? 私が買ったエントリーモデルです。どれも100ユーロほどで買えます。ブランクスは白を基調にしています。

Sportismシリーズ

18モデルあるようです。これも100ユーロほど。Ryokanとの違いは?こっちはオレンジです。MITSUBISHI JAPANのIM24Tカーボンブランク使用って書いてあります。なんでしょうこれ?リールシート、ガイドともにFuji.

TRINISシリーズ

このシリーズはちょっと高め150 ユーロから200ユーロほどです。
これも謎の素材MITSUBISHI JAPANのIM30T + HM36Tカーボンらしいです。
このシリーズになるとダウンショットリグ、ビッゲベイト用などのパワーシリーズ、スピナーベイトスペシャルにクランクベイト用、トップウォーター用などバスやパイクのゲームフィシングに特化したシリーズとなっているみたいです。

PLAYERSシリーズ

このシリーズになると、TorayのHM30T+HM40Tの混合素材が使用されてるみたいです。価格は200-250ユーロほどです。
やはりライトリグ用、トップ用、巻物用、ビッグベイト用など揃っています。

サクラリール

ベイトリールは3種類スピニングリールスピニングリール6種類のラインナップです。
いくつかのシリーズでは日本製ベアリング使用を強調しちゃっています ;) やっぱり日本製のベアリングってすごいんですね!
リールはちょいダサすぎ、特にベイトリール、なんで写真はなしで。



ルアー

ビッグベイト S-SHINER
14.5cm 30gのジョインテッドビグベイトです。

ラバージグやスイムジグ、それにチャターベイトなんかもあります。
下の写真は2017年に発売されたスイムジグの Bellamy Swim Jig

スピナーベイトMonsoonなんてのもあります。

気づきましたか?SAKURAルアーはアイがみんな赤の十字なんです。私は結構好きです。

SAKURA2017年の新作ルアー

どうでしょうか?日本で見つけるのは大変かもしれませんが、ヨーロッパに旅行の際は、釣具屋に立ち寄って見るのも楽しいですね。きっとどこの釣具屋にもSAKURAのルアーが置いてあるはず。パッケージングはやたら丁寧です。

私はロッドとメタルジグしか持っていませんがロッドの方はタコを釣り上げて入魂済ませました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする