バルセロナで藤の花

ここ2週間ほど、ほぼ毎日20度を超えるくらい暖かくなってきました。
この時期になると、地中海上や付近の山々の上空に積乱雲がモクモク出てきます。
夕方になると雷を伴った大雨になることが多くなってきます。

午前中はいい天気なんですけどね。

ちょうど仕事が終わるくらいのタイミング降り出して、ここ2週間で3回もずぶ濡れ、水も滴るいい男状態で帰宅でした。
濡れた服での90分の帰宅時間はきついです。
でも、雨の音を聞きながら寝ると落ち着くんですよね。

茨城にいた頃は雨の日の夜は決まって夜のドライブへ、田んぼの中を走ったり霞ヶ浦湖畔まで行ったり、雨の中のドライブは最高です。


藤の花が開花

暖かくなり始めた2週間ほど前から淡い紫色の藤の花が咲き始めました。
藤棚にして、頭上から垂れ下がるものや、敷地の柵に這わせて藤の花の壁になってるところ。
公園や庭の木に巻きついて花を咲かせてるものなどいろいろです。

場所によって?品種によってなのでしょうか?結構色の濃淡が違うものですね。

紫といってもほぼ白に近いものや、化学塗料か?ぐらい鮮やかなものまでいろいろです。

どこも紫は咲いていますが、白い花の藤はまだ花を咲かせていないようで、蕾のままです。

藤棚の下を歩くときに漂ってくる爽やかで甘い香り、清々しい初夏の気分にさせてくれます。
特に、夜に住宅街を歩くと、香りが強くするので、近くに藤の花が咲いているのがすぐわかりますね。やはり、香りを楽しむのは夜に限ります。

日本で藤が咲き始めるのは5月ぐらいでしたよね。
昔、ゴールデンウィークに茨城から生まれ故郷の群馬に旅をする途中、埼玉の羽生だったっけかな?その辺りに藤のきれいな公園があったのを思い出します。

藤を見ると思い出すのが、葛の花なんですよね。どこか似ています。地元の空き地には葛ばっかりが茂っていました。きれいな紫色の花で香りもいい。でも、去年地元に久しぶりに帰ったら空き地はほぼ全てなくなってしまっていました。今年の夏、8月に夏期休暇で一時帰国するのですが、どこで昔のような茨城らしい空き地の風景が見られるんでしょう。まだまだ、その辺には昔の風景が残ってるはずです。観光気分で地元散策すっごく楽しいです。住んでいないので変化がよく見えてきます。

バルセロナはこれからだんだんと夏へ向かいます。
近いうちにモンジュイックの丘の公園にある睡蓮が咲き始める時期です。楽しみです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. FATMAN より:

    更新復活?

  2. FATMAN より:

    いつまで授業ないの?

    • nagayama6 より:

      公立の学校は先週の金曜日から来週の火曜日までだよ。長いとこは2週間休み。俺は金曜日から月曜までの4日間!