スペインでカブトムシ発見!!

最後に書いた記事から随分休んで、時間が空いてしまいました。
7月は夏期講習で忙しかったのと8月9月は日本に休暇で帰っていたので、書かないまま2ヶ月が過ぎてしまいました。

一昨日、日本からバルセロナへ戻ってきたのですが、帰りの飛行機は遅れが出て、パリで7時間も待たされてしまいました。
冷房が効いていたってわけではないんですが、パリの冷たい空気が入ってきていたせいでしょうか、ターミナル内は寒く、そこでうとうとしてしまったため風邪をひいてしまいました。
バルセロナは最高気温23度。もう秋ですね。




ヨーロッパにもカブトムシっているんだ。

日本の夏といえばカブトムシ。あと輸入もののカブトムシっていうと南米か東南アジアって感じです。でも、ここスペインにもいるんです。

7月のことなんですが、夏期講習の授業をするため早朝学校に向かっていました。
バルセロナ郊外にある学校で周りは丘や山に囲まれ緑も多い郊外の町です。でも、日本の森とは違い2ヶ月も雨が降らないこともよくありかなり乾燥していて、サボテンやアロエの仲間なんかがそこらじゅうに生えていて蜂や蟻以外の昆虫はあまり見かけません。

その日は海からの風のせいでしょうか、ちょっと湿度が高めでした。学校まであと100メートルというところで歩道上を何か黒い生き物が動いています。

まさかと思って近づいてみると。。。。

カブトムシでした。

色は焦げ茶色、日本のカブトムシよりちょっと色が濃いでしょうか。
サイズは日本のものより一回り小さいです。ツノは短いですが3本ぐらい変な形に生えていました。





カラスや猫に見つかったらいたずらされすだったので写真撮るついでに手に持って見ました。

目が可愛いですね。
力強くしがみついてきます。

写真撮った後で、近くの草むらの中に放しておきました。

後で学校の先生方に聞いて見ましたが、田舎に住んでる人でも、ほとんど見たことないということでした。
かなり珍しいものに出会えたのかもしれません。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする