スペインはメロンが安い、美味しい、種類もいっぱい。

もうずいぶん涼しくなってきました。
昼間は半袖も、夜は何か羽織るものが欲しい気温です。

今日の朝は5時おきで釣りに行ってました。
ビーチでは泳いでる人もまだいます。でもこの時期クラゲが多いんですよね〜。

今の日の出が7:40です。日本は茨城で5:29です。
2時間も違うんですね。
朝早く起きなくていいので釣りに行くには好都合です。

日の入りはというと19:40。茨城は17:30。ということで2時間違います。

今まで書こう書こうと思って書いていなかったメロンについて少し。

スペインはメロンが超安い?

6月ごろになると安いメロンがスーパーや八百屋に並びます。
1玉1ユーロ。 2玉で1ユーロなんてのも見たことがあります。

毎日のように食後のデザートにはメロンという人も多くいます。

安いんです美味しいんですよ。
種類もたくさんあります。

一番一般的なのは Melon Piel de Sapo(ヒキガエルの肌メロン:ヒキガエルのようにザラザラした肌だ争うよ荒れているのでしょう。気持ち悪い名前ですね。Santa Clausという名前もついています。)というのが一番一般的で、かなり大きいです。ラグビーボールのような形です。
スイカほどあるんじゃないでしょうか。2−3kgのものもありカットして売られていたりします。1年中手に入るのはこの種類で、写真は今ないんですが、果肉は白っぽく固めです。甘い爽やかなきゅうりって感じですかね。甘過ぎずサクサクした歯ごたえで美味しいです

他にはこんなものをスーパーで見つけたので試してみました。





Melon Amarillo(黄色いメロン)

目に眩しい目立つような黄色をしています。
これは日本でもたまに売ってるカナリアメロンと同じかもしれません。
なんと1玉1ユーロで買いました。

楕円形ですべすべした外皮です。

半分に切ると、硬めの白い果肉が現れます。果汁も多めです。


味は濃くありませんが爽やかなメロンの味が楽しめます。
上品な味です。

私はこれが一番すきです。

Melon Cantaloupe カンタロープメロン

和名は疣メロンというそうです。これもスーパーで1ユーロでした。
形はラグビーボールのような形で縦縞の線が入っています。

切ってみると果肉は濃い黄色というかオレンジ。


かぼちゃみたいな色をしています。
味はまったりと濃い味でかなりジューシーです。この他にも色々と日本ではあまりみることがないメロンがお手頃というか1−2ユーロで楽しむことができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする