FATMANと東欧旅行。1日目(1)。数年ぶりのハンガリーブダペストへ。

1年ぶりに親友のFATMANと旅行に行ってきました。
第一回目のFATMANと共に行く欧州の旅は去年の1月、フランスのぺルピニャンとソルボンヌでした。

[blogcard url=”http://eurokurage.com/2017/01/29/post-171/”]

第2回目、今回の目的地は、ブダペスト、ブラチスラバ、ウィーンでした。
去年の夏に日本に帰った時に、茨城の田園風景を見ながら決めた行き先がこの三つの町でした。一回目より刺激的な場所にしようということ、そしてちょっと安く上がるところにしようということでハンガリーメインで周ることにしました。




Skyscannerで航空券購入

旅行に出たのは12月27日の朝早くでした。航空券は2ヶ月ほお前に予約しておきました。

いつも通りSkyscannerという航空券の比較サイトで航空券を探しました。出てきたフライトで安かったのはハンガリーのLC航空のWizzairウィズエアーの直行便。
そして、もう一つはミュンヘン経由で行くLUFTHANSA便。こちらの乗り換え時間は5時間ほど。
Wizzairの方が10ユーロほど安かったんですが、もちろん迷うことなくLUFTHANSA便を購入しました。
航空券を買ったのはルフトハンザのオフィシャルページからではなくてSkyscannerから飛ばされ、Gotogateというページから購入しました。
ちゃんと予約されるかちょっとどきどきでしたが、購入から数時間でルフトハンザの予約コードが送られてきて、試しにルフトハンザのオフィシャルページからデータを入力してみるとしっかりと予約表とeチケットが表示されました。
これで5時間もミュンヘン空港を満喫できます。空港で、飛行機を眺めながら待つ時間、大好きです。いつも、旅行するときは乗り継ぎ便があるのを選んで空港内を散歩するようにしています。出発インフォメーションのスクリーンを眺めながらあまり聞かないような行き先や航空会社を見ながら、どんな街に飛ぶんだろう、どんな乗客たちが乗っているんだろうと想像しながら楽しんでいます。




12月27日早朝、バルセロナからブダペストへ向けて出発

自宅からバルセロナ空港まで。バルセロナの夜間交通。深夜市バスで空港へ。

12月27日の朝8時ごろの出発だったので、6時には空港にいなくてはなりません。
近年、長期休暇のたびにバルセロナの空港職員のストライキがあるので、今回も念のためにs8発3時間前にはついておくことに。
でも、そんな早い時間に電車はありません。

なので、市バスの深夜便を使って行くことに。まずは家からバルセロナの町の中心にあたるカタルーニャ広場まで。深夜市バスはだいたい黄色いバスで番号の前にNがつきます。
私が乗るのはN4。これに乗ると25分ほどでカタルーニャ広場に行けます。昼間、メトロを乗り継いで行くより早いです。
どの路線も20分間隔ぐらいで運行されていたと思います。なかなか便利ですね。
その後カタルーニャ広場からN17かN18の空港行きに乗ります。

N18はバルセロナ第一ターミナルまで直行なんですが、最近なぜか運行されていないようです。それとも本数減らされているだけかも。
なので、N17に乗って行くことに。N17は他の町も経由するので50分近くかかります。
冬休みなのでバスはかなり混んでいました。




バルセロナ空港到着

朝5時にはバルセロナ空港到着しました。預入荷物もなかったのでそのまま保安検査へ。
冬休みなので人は多いですが、5分ほどで保安検査も通過。
なんか随分早くついてしまいました。朝早いので空港内の店も開いてません。開いているのはキオスクとレストランだけ。
久しぶりのマックで朝ごはんを。値段も街中のマックとほとんど変わらずいいですね。
そのあと空港内をふらふらしていましたが、バルセロナ空港小さいのであまり面白くありません。止まってる飛行機もA319-A321やB737ばっかりです。ヨーロッパの端っこなんで仕方ないですね。
時間通り搭乗開始。
乗客は7割ドイツ人2割スペイン人、1割色々です。

離陸するころになると空も明るくなってきました。滑走路移動中っていつも眠くなってしまいます。でも、久しぶりの飛行機、せっかく窓際の席とったので、気合いを入れて離陸の瞬間まで目を見開いておきます。
25Lからの離陸なので飛び立ってすぐに地中海方向に旋回します。なので、海しか見えませんでしたが、離陸の瞬間は気持ちがいいものです。
曇っていて、雲も低かったのですぐに海も陸も見えなくなりました。
この日は離陸からミュンヘン着陸までずっと機内は揺れていました。冬のヨーロッパは気流が悪いんでしょうか。なかなかシートベルトサインも消えませんでした。

機内で出されたスナックは巨大なクッキー。乾燥クランベリーが入ったしっとり系です。なかなかの味です。
着陸数十分前には雪をかぶったアルプスの山々が雲から突き出していました。
何度見ても感動する風景です。
その後、雲をくぐり抜けミュンヘン空港へ。ミュンヘン郊外には数日前に降った雪がところどころ残っています。ドイツの街並み空から見るととても綺麗です。整った感じがします。スペインとは大違いです。いつか、ミュンヘン郊外の街を歩いて見たいものです。湖や小さな水路も多く、とっても綺麗そうな感じです。茨城の地元に似ているかも。

そんな景色を眺めながら、妄想ミュンヘン郊外散歩をしているうちに飛行機は滑走路真上まできていました。整然としたちょっと冷たい感じがするミュンヘン空港が見えてきました。
久しぶりのミュンヘン空港、楽しみです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする