ポーランドルアーSalmo「BassBug」と「Lil’ Bug」

今日本では、横浜のみなとみらいで「ジャパンフィシングショー2018」が行われているようですね。SHIMANOの新リールみてみたいものです。
Noriesのブースで公開されてるラバージグトレーラーもみたいな〜。

ポーランドのルアーメーカーSalmo

ポーランドにはルアーメーカーのSalmoという会社があります。
淡水魚用のルアーを中心に作っている会社で、確かソフトベイトはなく、ハードベイトだけだったと思います。



数年前、ポーランドに住んでいたのですが、釣具屋には日本と比べるとルアーの数はかなり少なく、フライやカープフィッシング用のものがほとんどです。ルアーも一番多いのはトラウト用。その次に、パイクとかザンダー用のものでした。
どこの釣具屋にもSalmoのハードベイトが置いてありましたが、ぱっと見、雑そうな作りと、カラーリング(ラパラみたいな塗装です)ちょっと高めの値段で、あまりじっくりみたことはありませんでした。

去年の夏、サーフェイスクランクを探していたところ、なんとSalmoのページにたどり着きました。ここで初めてじっくりとSalmoの製品をwebpage越しですが、みてみました。レビューなど見ると結構評価がいいものが多いのにはびっくりしました。

クランクベイト、シャッド、ミノーのラインアップはかなり豊富です。他にもポッパーやペンシルベイトなどもあります。
そして目当てのサーフェイスクランクベイト「Lil’ Bug」に出会いました。

サーフェイスクランク Salmo 「Lil’ Bug」

salmo Lil' Bug サルモ リルバグ ポーランドルアー

salmo Lil’ Bug サルモ リルバグ ポーランドルアー

「Lil’ Bug」はかなり小型のサーフェイスクランクで2cm と3cmがあります。
重さは、2.8gと4.3g。カラーは5色です。見た目はコガネムシでしょうか?ゲンゴロウ?

http://www.salmo.com.pl/en/lilbug/

ずんぐりと丸っこいボディーに垂直に突き出た小さめリップが、水面に細かい引き波を立てながら魚を誘惑します。

ポーランドの釣具屋でこの「Lil’ Bug」のテントウムシ色を買ってきてもらいました。3gの大きい方です。目はクリスタルの青緑、東欧美女風なんでしょうか。これで魚も食いつきますね。

バスにはちょっと小さめですが、小川や夏の用水路で活躍してくれそうです。
トラウトにベストなルアーって感じです。




超シンプル重心移動構造 Salmo Infinity Cast System(SICS)

かなり軽めですが、Salmo Infinity Cast System(SICS)というかなりシンプルで原始的な遠投用の重心移動構造が内蔵されているので+20%ほどの遠投が可能らしいです。
この遠投システムかなり単純な作りですが必要十分だと思います。ボディーが長いミノータイプというわけではないし、体高もあるので理想的ではないでしょうか。


顎のあたり(ボディ下側前方)から対角線状にお尻(ボディー上側後部)に向けて斜めに重りを通したワイヤーが設置されています。
投げる時は遠心力で重りがお尻側に滑り、後方に重心が動き、ロングキャスト。着水後は
重力で、ワイヤに通した重りが前方下部に下がり体制を安定させてリトリーブスタートって感じです。あとで紹介するバス用サーフェイスクランク「BassBug」にもこれが搭載されています。

バスバージョンSalmoサーフェイスクランク「BassBug」

Salmoのサーフェイスクランク「Lil’ Bug」にはサイズアップしたバス用バージョン「BassBug」というのがあります。

salmo Busbug サルモ バスバグ ポーランドルアー

salmo Busbug サルモ バスバグ ポーランドルアー

こちらは5,5cmで26g、ずんぐりボディーで水推しも強そうです。
形状は「Lil’ Bug」を大きくした感じですがカラーラインナップは派手めです。でも残念ながら、目はペイントで東欧美女のクリスタルアイは搭載されてません。

salmo Busbug サルモ バスバグ ポーランドルアー

salmo Busbug サルモ バスバグ ポーランドルアー

ジャラジャラトと大きすぎず小さすぎないラトル音がいいですね。もちろん遠投システムSICS搭載。

探していたGlowBugというカラーがポーランドの店舗でもネットでも全く見つからず。諦めて他の色にしようかと思っていましたが、先日のハンガリー旅行中、通りかかった釣具屋に入るとなんと全色揃っています。もちろんGlowBugも。あまりバスアングラーがいないからでしょうか、「BassBug」が置いてある店はほぼありませんでした。
「Lil’ Bug」はどこにでもあるんですけどね。

ついに2990FTでGETです。1000円くらいでしょうか。それにしてもスペインとは違い、ハンガリーの釣具屋の淡水ルアーの豊富さには驚かされます。日本ほどではありませんが。

早くこの二匹を連れて、初夏のトップの釣りに出たいです。
今年の夏は地元、牛久沼でも試してみたいですね。




「Lil’ Bug」のビデオです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする